ネオファースト生命

ネオファースト生命 ネオdeいりょう・健康プロモート 入った後に保険料が安くなる!?持病がある人はこの特則を知っておこう。

FPのチカラ
新米奥さん
新米奥さん
旦那くん、ネオdeいりょう・健康プロモートは持病があっても入りやすいけど、ネオdeいりょうより保険料が高いじゃない?
旦那くん
旦那くん
うん、そうだね。
新米奥さん
新米奥さん
持病があっても健康な人なんてたくさんいるのに、その保険料ってずっと高いままなのかな?
旦那くん
旦那くん
それがそうじゃないみたい。入ってから安くなるチャンスがあるんだって!詳しく調べてみたから読んでみて!

旦那くんの言う通りです。ネオファースト生命 ネオdeいりょう・健康プロモート 持病があっても入りやすい。4つの告知を知ろう。で紹介した『ネオdeいりょう・健康プロモート』は、持病がある人でも申込みがしやすい保険です。でもその代わりに、保険料がちょっとお高め。でも持病があっても薬を飲んだり定期的な検査をしたりしていれば、毎日の生活に全く問題ない人だってたくさんいますよね。そんな人でも、ずっと保険料は高いままなのでしょうか?

それがそうじゃないんです。

ネオdeいりょう・健康プロモートは、入った後に条件を満たせば、その後の保険料が安くなる嬉しい特則がついてるんです。持病があるから最初は高い保険料で入っても、入った後で保険料が安くなるなら嬉しいですよね。では早速、それがどんな特則なのかお伝えしますね。

ネオファースト生命 ネオdeいりょう・健康プロモート 入って5年で保険料が安くなるチャンス! 健康割引特則を知っておこう。

ネオdeいりょう・健康プロモートには、入って5年で保険料が安くなるチャンスがあります。それが、

健康割引特則。

この特則は、『契約日から5年間、病気・ケガのどちらとも入院給付金が支払われる入院の日数が通算して5日未満(3泊4日まで)のとき』に適用されます。カンタンに言えば契約してから5年間、病気でもケガでも5日以上入院してなければ保険料が安くなるんですね。

ポイントは『病気とケガを合わせて5日未満』じゃなくて、『病気とケガ、それぞれの入院が5日未満』で適用ができることです。

例えば、病気で3日入院して、ケガで2日入院したら、合計の入院は5日間ですよね。5日入院しちゃったから割引はされないの? って思うかもしれませんが、

入院合計5日間でも、

病気で3日間の入院=病気で5日未満

ケガで2日間の入院=ケガで5日未満

なので、病気もケガも5日未満の入院です。合計は5日間なので割引が適用できないように見えるんですが、病気・ケガそれぞれが5日未満なので、割引は適用されるんです。入院の日数は、病気とケガで別々にカウントする、というのを覚えておきましょう。

ちなみに、条件は『通算5日未満』なので、病気で3日間の入院を2回したら『通算6日』なので割引は適用できません。ケガの入院も同じです。病名やケガ名での区別はないので、どんな大きな病気やケガで入院しても、契約から5年間、通算5日未満の入院なら割引がされますよ。

ネオファースト生命 ネオdeいりょう・健康プロモート 手術をしても割引できる?

できます。健康割引特則の条件は、『契約から5年間、通算5日未満の入院』のみなので、手術をしていても入院日数の条件を満たしていれば割引されるんですね。

今は手術も日帰りで終わったり、短期入院で終わることも多いので、手術を受けたかどうかが割引の条件に入ってないのは嬉しいですね。

ネオファースト生命 ネオdeいりょう・健康プロモート 健康体割引特則 まとめ

さて、ネオdeいりょう・健康プロモートの割引の条件をまとめると、

ネオdeいりょう・健康プロモート 割引の条件まとめ
  1. 契約日から5年間、病気・ケガそれぞれで、入院給付金の支払われる入院が5日未満(3泊4日まで)のとき。 
  2. 手術はしていても大丈夫。

ですね!5年というのは意外にあっという間なので、契約から5年経てば保険料が安くなるかもしれないネオdeいりょう・健康プロモートは魅力的ですね。持病があっても入れる保険は高いからと、保険に入ることを躊躇してた人は、この保険を考えてみるのはいかがでしょう。

そしてこのタイプ(持病があっても入れる)保険は、保険会社各社がものすごく力を入れて販売してるので、他の保険会社の商品を調べることも忘れちゃダメですよ。保険会社ごとに保険料も保障内容もそれぞれ違います。しっかり調べて、自分が納得できる保険を見つけてくださいね。